(b2) 電子署名APのアンインストール(新Edge)

目次へ     前の画面へ戻る

 

Windowsパソコンの新Edge用電子署名環境として準備した「Google Chrome拡張機能の電子署名アプリ」と「Google Chrome版電子署名AP」をアンインストールします。


1.    Google Chrome拡張機能の電子署名アプリのアンインストール
Edgeブラウザを起動して「Chromeウェブストア」を検索します。

 

 

 

 

 


ページ先頭へ


2.    「Chromeウェブストア」の画面が表示されるので、「ストアを検索」欄に”電子署名アプリ”を入力して検索します。

 

 

 

 

 


ページ先頭へ


3.    検索結果が表示されるので、”電子署名アプリ”をクリックします。
※アプリ名の左に”株式会社NTTデータ関西”のロゴが表示されているものです。

 

 

 

 

 


ページ先頭へ


4.    「電子署名アプリ」が表示されるので、「Chromeから削除します」ボタンをクリックします。

 

 

 

 

 


ページ先頭へ


5.    Microsoft Edge から”電子署名アプリ”を削除しますか?》画面が表示されるので、「削除」ボタンをクリックします。

 

 

 

 

 


ページ先頭へ


6.    「電子署名アプリ」が削除され、ボタン名が「Chromeに追加」になれば削除完了です。

 

 

 

 

 


ページ先頭へ


7.    Google Chrome版電子署名APのアンインストール
Windowsの「コントロールパネル」を表示します。

 

<Windows8.1の場合のコントロールパネルの表示方法>
① スタート画面でマウスポインタを動かし、画面下部に表示された「↓」をクリックします。
② アプリ画面が表示されるので、「コントロールパネル」をクリックします。
<Windows10の場合のコントロールパネルの表示方法>
① 「スタート」をクリックし、表示されたアプリの一覧の「W」欄から「Windowsシステムツール」をクリックします。
② 表示された一覧から「コントトールパネル」をクリックします。
 

 

 

 


ページ先頭へ


8.    表示された《コントロールパネル》画面の中の「プログラムと機能」をクリックします。

 

 

 

 

 


ページ先頭へ


9.    《プログラムと機能》画面が表示されますので、「電子署名AP_Chrome」を選択してから、「アンインストール」をクリックします。

 

 

 

 

 


ページ先頭へ


10.    《電子署名AP_Chromeをアンインストールしますか?》画面が表示されたら、「はい(Y)」ボタンをクリックします。

 

 

 

 

 


ページ先頭へ


11.    以下の画面が表示されてWindowsインストーラが起動します。

 

 

 

 

 


ページ先頭へ


12.    ユーザーアカウント制御画面が表示された場合は、「はい」ボタンをクリックしてください。

 

<Windows8.1の場合>
<Windows10の場合>
 

 

 

 


ページ先頭へ


13.    電子署名APのアンインストールが開始します。

 

 

 

 

 


ページ先頭へ


14.    電子署名APのアンインストールが完了したら、《プログラムと機能》画面に戻ります。
「電子署名AP_Chrome」が表示されていなければOKです。

 

 

 

 

 


ページ先頭へ