6.1.2 ブラウザの設定(IE)

目次へ     前の画面へ戻る     前の章へ戻る     次の章へ進む

 

IEブラウザを設定する手順をご案内します。


簡単電子申請サービスはIEブラウザの設定により正常な動作をしない場合があります。

その場合は以下の設定を行ってください。


1.    ブラウザのセキュリティ設定


(1).    ブラウザの歯車アイコンをクリックし、表示されたメニューから[インターネットオプション(O)]をクリックします。

 

IE11の場合
 

 

 

 


ページ先頭へ


(2).    「セキュリティ」タブを選択し、インターネットゾーンのセキュリティのレベルが「中高」(既定のレベル)であることを確認してください。
「中高」となっていない場合:(3)へ
「中高」となっている場合  :「2.互換表示設定の解除」へ
※インターネットゾーンの設定が標準設定(規定のレベル)の場合、設定変更の必要はありません。

 

IE11の場合
 

 

 

 


ページ先頭へ


(3).    [レベルのカスタマイズ(C)]をクリックします。
※インターネットゾーンの設定を変更したくない場合:(5)へ

IE11の場合
 

 

 

 


ページ先頭へ


(4).    セキュリティ設定で、以下の設定を「有効にする」にします。

◆ActiveXコントロールとプラグイン
 ・ActiveXコントロールとプラグインの実行
 ・スクリプトを実行しても安全だとマークされているActiveXコントロールのスクリプトの実行
◆スクリプト
 ・Javaアプレットのスクリプト
 ・アクティブ スクリプト

設定、確認が完了した場合:「2.互換表示設定の解除」へ

IE11の場合
 

 

 

 


ページ先頭へ


(5).    インターネットゾーンの設定を変更したくない場合、信頼済みサイトに設定します。
「セキュリティ」タブの「信頼済みサイト」を選択し、[サイト]をクリックします。

IE11の場合
 

 

 

 


ページ先頭へ


(6).    「このWebサイトをゾーンに追加する(D)」に「https://s-kantan.jp/」を入力し、[追加]をクリックします。
   なければ、[閉じる]をクリックしてください。 (アクセス先が「https://s-kantan.jp」の場合の設定例であり、これ以外の場合は実際のアクセス先を設定すること。)

IE11の場合
 

 

 

 


ページ先頭へ


(7).    「Webサイト(W)」に、入力したアクセス先が追加されていることを確認し、[閉じる]をクリックします。

IE11の場合
 

 

 

 


ページ先頭へ


2.    互換表示設定の解除


(1).    ブラウザの歯車アイコンをクリックし、表示されたメニューから[互換表示設定(B)]をクリックします。

 

IE11の場合
 

 

 

 


ページ先頭へ


(2).    「互換表示に追加したWebサイト(W)」に「s-kantan.jp」がある場合は「s-kantan.jp」を選択し、[削除]をクリックします。
(アクセス先が「s-kantan.jp」の場合の例であり、これ以外の場合は実際のアクセス先を選択すること。)

IE11の場合
 

 

 

 


ページ先頭へ


(3).    「互換表示に追加したWebサイト(W)」に、削除したアクセス先が表示されていないことを確認し、[閉じる]をクリックします。

IE11の場合
 

 

 

 


ページ先頭へ


3.    ActiveXフィルターの無効化


(1).    ブラウザの歯車アイコンをクリックし、表示されたメニューから「セーフティ(S)」をクリックします。
表示されたメニューの「ActiveXフィルター(X)」の左側にチェックマークが入っている場合はチェックを外してください。

 

IE11の場合
 

 

 

 


ページ先頭へ