(b) 電子署名APのインストール(Edge)

目次へ     前の画面へ戻る

 

Microsoft Edgeブラウザを使用しているパソコンにおいて、Microsoft Edge用の電子署名APのインストールを行って電子署名環境を準備します。


1.    電子署名環境の準備またはバージョンアップを行うために、「電子署名を準備またはバージョンアップする」リンクをクリックします。

 

 

 

 

 


ページ先頭へ


2.    電子署名APのインストール
MIcrosoft Edge用の《電子署名APのインストール画面》が表示されます。
Windowsストアを開く」リンクをクリックします。

 

 

 

 

 


ページ先頭へ


3.    Windowsストア(Microsoft Store)が開いて『電子署名アプリ』が表示されるので、「インストール」ボタンをクリックします。

 

 

 

 

 


ページ先頭へ


4.    自動的に『電子署名アプリ』のダウンロードとインストールが開始します。

 

 

 

 

 


ページ先頭へ


5.    インストールが完了すると”この製品はインストール済みです”のメッセージが表示されます。「起動」ボタンをクリックします。

 

 

 

 

 


ページ先頭へ


6.    《電子署名アプリが追加されました。次のことができます..》画面が表示されるので、「有効にする」ボタンをクリックします。

 

 

 

 

 


ページ先頭へ


7.    Microsoft Edgeブラウザの終了と再起動
表示中のMicrosoft Edgeブラウザを終了してから、もう一度Microsoft Edgeブラウザを再起動します。
これで電子署名環境の準備は完了です。

 


ページ先頭へ


8.    電子署名手続きの再申込み
電子申請サイトにログインし、電子署名が必要な手続き名をクリックします。《手続き説明》画面が表示されますので、「同意する」ボタンをクリックします。

 

 

 

 

 


ページ先頭へ


9.    電子署名環境の確認
電子署名環境の確認が行われ、”署名環境は利用可能です。”のメッセージが表示されていれば、電子署名の手続きの申込を行うことができます。
署名可能な証明書が公的個人認証の場合は『6.2.3公的個人認証による証明書の電子署名』を、
商業登記の場合は『
6.2.4商業登記に基づく証明書の電子署名 』を参照してください。

 

<電子署名環境ができている場合>

 

 


ページ先頭へ